ボロボロの車を売りたい|使わなくなった車を査定してもらおう|相場を知ることが先

使わなくなった車を査定してもらおう|相場を知ることが先

ボロボロの車を売りたい

複数の車

車は普通の品物とは異なり登録制度が採用されているため、捨てる際には自動車登録を抹消する手続きが必要になります。この手続きをとる際には、手数料がかかります。また、改めて言うまでもないことですが、車は自治体が行っている不用品回収の対象から外れています。専門業者に依頼して廃車処分に付す必要がありますので、廃車費用もかかってきます。乗らない車を処分するだけで最低でも5〜6万円程度はかかることになるため、廃車することを躊躇してしまう人も少なくありません。しかし、正式な廃車手続きをとらない限り、毎年自動車税が課せられてしまいます。そのまま持ち続けていても処分してもお金がかかるので、悩んでしまう人が多いです。でも、中古車買取業者を利用すれば、廃車費用も税金もかからなくなります。そのため、近年では、乗らない車を中古車買取業者に売る人が増えてきています。

どう贔屓目に見てもスクラップにするしかないようなボロボロの車でも、買い取ってくれる業者がいます。なぜそんな車に値段をつけることができるのかと不思議に思う人が多いですが、たとえ見た目はボロボロだったとしても動かすことさえできれば売れる可能性が十分にあるためです。廃車寸前の車を買い取ってくれる業者は廃車買取専門と銘打って営業しているケースが多いですが、ほとんどの業者が東南アジア諸国への輸出ルートを確保しています。東南アジアの国々では、ミラーやドアが外れかけているような車でも、ガムテープで補修して平気で公道を走っています。日本人の感覚からするとまごうことなき廃車なのですが、東南アジアに持っていけばまだまだ使える車として取り扱われます。それどころか日本車は引く手あまたの人気車になっているため、たとえ買取代金を支払って仕入れたとしても、十分に元を取ることができるのです。ですから、ボロボロの車をお金をかけずに処分したいと考えている人は、廃車専門の買取業者を利用するとよいです。